Menu

男一番船 小田代直子

男一番船

歌手:小田代直子
作詞:新條カオル
作曲:聖川湧

怒涛(なみ)の拳でヨー 殴られながら 俺も一端(いっぱし)
海の男の面構え

右で舵とり 左で飯を沖の戦(いくさ)場(ば) 近いじゃないか<ドッコイ>
度胸が華だよ荒らくれ漁師の 一番船だ

頑固おやじのヨー 苦労が沁みた 船体(ふね)の傷さえ
今じゃ漁場の誇りだぜ
白髪交じりの お袋さんへ海の手柄を 見せよじゃないか<ドッコイ>
二代目漁師の意気地がはためく 大漁船だ
海の稼業にヨー 惚れ込む俺を

何も責めずに 無事を祠に祈る女(やつ) 恋の「いろは」は 苦手だけれど
女房気取りが 嬉しじゃないか<ドッコイ>鴎も踊って

港(ま)祭(つ)りにゃ夫婦(めおと)の 錦の船だ