Menu

甘美な嘘と退屈な薄紅 DIV

さぁ息を殺して 真夜中の悦楽
天使の靄を吸い込み 踊れ

ねぇ確かに見えた 恍惚の微笑み
光の中で 溶ける

もう戻れる道は無いさ
青い接吻 とろけそうだ

ジャンクな夢にまみれたのさ
青い天国 たまらないぜ

僕に手を振る影 微睡みの中
痛みが薄れ 君は笑う

やがて消えゆく感覚
錯覚に似た幻影と
至福が襲う苦痛の海に
溺れてしまう

もう芝居はやめだ 退屈な薄紅
鎖は螺旋 笑顔も歪む

ダンスフロアに独りきりさ
黒き麗し 舌這わせて

呼吸 鼓動が 張り裂けそうだ
白い輝き 唾液に溶け

ここが楽園なら その唇の
甘美な嘘で 愛してくれ

向けられている羨望
欲望を持つ花たちが
咲き乱れた 筋書き通りに

君の瞳の中 既に亡くした
あの日の僕が 爪を立てる

堕ちて溶けゆく熱情
劣情に似た滑稽な
言葉の群れが 痺れとなって
色彩を変えて行く

苺を舐めて 天を仰ぐ
君の戯言 耐えられそうさ

反吐がでるよな 時間過ごし
手にしたモノは 割に合うか?

ここが楽園なら その唇の
甘美な嘘で 愛してくれ

向けられている羨望
欲望を持つ花たちが
咲き乱れた 筋書き通りに

僕に手を振る影 微睡みの中
痛みが増して 僕は笑う

やがて消えゆく感覚
錯覚に似た幻影と
至福が襲う苦痛の海に
溺れて消えた