Menu

甘噛み姫 NMB48

甘噛み姫

歌手:NMB48
作詞:秋元康
作曲:渡邉沙志

部屋に運び込んだ
デンマークのソファー
片隅 置くには
大きすぎた
店先で見た時
運命 感じたのに
頭で描(えが)いた
イメージと違ったね

僕たちが付き合い始めてから 二年
(時は過ぎて)
ハートのサイズも微妙に
ズレて来たのか?

甘噛みはいつだって
君らしい愛し方
僕のこの手に噛みつき
じゃれてるつもりなんだろう
いたずらっぽい目で
尻尾をずっと振ってる
だけど今は凶暴すぎて
顔をしかめてしまった

壁際に背もたれ
ぴったりと合わせて
ソファーを置いたら
息苦しい
二人が気に入ってた
デザインだったのに
やっぱり何だか
使いにくく思える

初めは突然 抱きつかれても ちゃんと
(あやすように)
接吻(くちづけ)交わして全てを
受け止めてあげられた

甘噛みがいつの日か
痛みを伴ったんだ
歯型が残るくらいに
君の愛が強くなった
まるで仔犬のように
加減がわからないまま
感情 試してるのか?
叱って欲しいのかもしれない

昨日は何でもなかった
当たり前の出来事が
軋(きし)むように
重くなって来た
愛は (愛は)
やせ我慢か?

甘噛みはいつだって
君らしい愛し方
僕のこの手に噛みつき
じゃれてるつもりなんだろう
いたずらっぽい目で
尻尾をずっと振ってる
だけど今は凶暴すぎて
顔をしかめてしまった