Menu

琥珀色の街、上海蟹の朝 くるり

くるり 新曲 上海蟹

歌手:くるり
作詞:Shigeru Kishida
作曲:Shigeru Kishida

beautiful city さよならさ マンダリンの楼上
isn’t it a pity beautiful city

目を閉じれば そこかしこに広がる
無音の世界 不穏な未来
耳鳴り 時計の秒針止めて
心のトカレフに想いを込めてぶっ放す
窓ガラスに入ったヒビ
砕け散る過去の闇雲な日々
止まった時計は 夜明け前5時
外の空気 君だけのもの

吸うも吐くも自由 それだけで有り難い
実を言うと この街の奴らは義理堅い
ただガタイの良さには 騙されるんじゃない
お前と一緒で皆弱っている

その理由は 人それぞれ
耐え抜くためには仰け反れ
この街はとうに終わりが見えるけど
俺は君の味方だ

beautiful city さよならさ マンダリンの楼上
isn’t it a pity beautiful city

何はともあれ この街を去った
未来ではなく 過去を漁った
明後日ばっかり見てた君
それはそれで 誰よりも輝いてた

ずっと泣いてた 君はプレデター
決死の思いで 起こしたクーデター
もういいよ そういうの
君はもうひとりじゃないから

上海蟹食べたい あなたと食べたいよ
上手に割れたら 心離れない 1分でも離れないよ
上手に食べなよ こぼしても いいからさ

beautiful city isn’t it a pity 路地裏のニャンコ
beautiful city beautiful city…

張り詰めた日々を 溶かすのは
朝焼け前の 君のこころ
両手を広げたら 聴こえてくるよ

外輪船の汽笛 嶺上開花
本繻子でこころを包むよ
小籠包じゃ足りない
思い出ひとつじゃ やり切れないだろう

上海蟹食べたい 一杯ずつ食べたいよ
上手に食べても 心ほろ苦い
あなたと食べたいよ 上手に割れたらいいな
長い夜を越えて行くよ
琥珀色の街
琥珀色の街

くるり 新曲 上海蟹い のツイッターの反応
陰ながら僕だって頑張りました。聴くのも嫌になる程毎日聴いてインスタ動画のアイデア絞った、くるりの新曲『琥珀色の街、上海蟹の朝』は是非お金払って買って聴いてください!僕はゴミほどしか頑張って無いし関わったうちに入らないけど、買って聴いて欲しい気持ち…

昼休みにイヤホンを引っ張り出して「琥珀色の街、上海蟹の朝」をベースだけ、オルガンだけ、ストリングスだけ、ドラムだけ、コーラスだけ、ボーカルだけにそれぞれ集中して聴く分解聴きをしています。最高にたのしい…昼休みあと1時間欲しい…かっこいい

くるり『琥珀色の街、上海蟹の朝』聴いた。どの曲もわりと好みだが、とくに「琥珀色の街、上海蟹の朝」はところどころぐっとくる。が、サビの歌詞が自分には残念だ。「上海蟹」ということばがどうしてもピンとこない。

今日のつづき「琥珀色の街、上海蟹の朝」くるり 買ったんだった!寝起きに自分のカバンにけつまずいて…片付けないまま寝ちゃったこと、そのカバンに買ったCDが入ってたことを思い出して、買ったんだった!って変な喜び方をしてる

くるりの新しいCDに入ってるHello Radioがよすぎて早く買いたい泣 琥珀色の街、上海蟹の朝もちゃんと聞いたらイントロからやばかったー。サビしか聞いてなくてうーんと思ってたけど、CD買うしかなかった。早く買いたいー。

くるりのニューシングル「琥珀色の街、上海蟹の朝」が最高だなぁ。本当に最高だなぁ。ただただ最高だなぁ。 初回特典のライブ盤も本当に最高だなぁ。 くるりを好きで良かったなぁ。

今日のつづき「琥珀色の街、上海蟹の朝」くるり 短気な人vs短気な人、似たもの同士じゃん?っていう可笑しな感じだったな…いきなり「メールアドレスがさぁ」ってくるから、何事?って…裏へ行ったら、もう一人も「メールアドレスってさぁ」って、だからそもそも何の話ですか?ってなります…

上海のファンです!新曲、最高です!歌の前の上海語は生活感が溢れてて面白いです。上海蟹が食べたいならぜひ上海に来てください。前回の上海でのライブもう5年前ですね。また上海でくるりさんのライブが参加したいです。

琥珀色の街、上海蟹の朝 ホントなんだろうこれ。今くるりがこれをやる意味ってマジ何なんだろうと探ってしまう。すごく耳馴染みがよくて、とても何かを思い出しそうで、声とコーラスが新しくて懐かしくて、シティポップなのか実験なのか…。岸田さんが音楽に憑依された天才ということだけは分かる。

phaさんの京都の記事を読んだのと、今聴いている くるり / 琥珀色の街、上海蟹の朝 が、頭のなかでミックスされて、どこでもない謎めいた異国の空間を漂っているよ(初回限定盤のライブアルバムに完全に釣られたよ)

くるり「琥珀色の街、上海蟹の朝」すげえいいすな。 正直なところ、ここ最近のくるりにはピンと来ていなかったんだけど、これは良いわ。昨日からヘビロテっす。15秒の動画だけで購入決意したけど大正解。んでもってNOW AND THENは青春ど真ん中ですからな。楽しくないわけがない。

くるりの「琥珀色の街、上海蟹の朝」。1曲をこんなにリピートするのは久しぶりってくらい、こればかり聴いてる。こういう曲(トラック?)は、目新しくないような気もするけど、好きだからなぜくるりが今この曲なのかとても気になる。コーラスがかわいすぎて、岸田くんの声より聴いてるかもしれん。

上海蟹食べたい♪には、完全にくるりを感じるけどね。ともかく、今後も好きであり続けるであろう1曲。収録曲のテイストがバラバラなところが、くるりっぽいなー。

琥珀色の街、上海蟹の朝やっと届いた蟹はもうライブからラジオ録音で聴き込んでるから❤ ファンファンのトランペットもくるり~って感じで良い 楽しみにしていたBluebird(ふたりのゆくえ)の宅録本物の波の音。。たまんないあったかい(TT)この曲は繁くんの実質ソロ

くるり/琥珀色の街、上海蟹の朝 /CD届いた。シンプルだが奇天烈な構成、ハッピーな感じ続く。クリフアーモンドと佐藤さんとkb野崎さんのタイトなの最高だ。

くるりの「琥珀色の街、上海蟹の朝」。EPです。表題曲がすごい! ワールドエンドの先に行ってる。そしてなにより、特典CD。NOW AND THEN vol.2ライブの厳選、TEAM ROCKとTHE WORLD IS MINE。感涙。

クラブハウスサンドと聞くとどうしても蟹を想像してしまうのですが蟹はどこにも見当たりません。そういえばくるりの上海蟹買いました

まぁなんにせよ、くるりを好きでいて良かったってめっちゃ思った。(新曲聴くと毎回思うけど。)歌詞もめっちゃ良かった。所々やっぱりるくりだなって思える優しい歌詞があってホロリしそうなのをなんとかこらえた。 琥珀色の街、上海蟹の朝!最高です!CDショップはしごしてるよ!初回盤豪華すぎ!

くるり『琥珀色の街、上海蟹の朝』、往年のファンも新規もライトもSNS上におけるなりきり批評家も、みな肩の力を抜き、腰を入れ、首を揺らす芳醇なグルーヴナンバーになってる。トレンドに乗った?シティポップ?むしろそうやって定義付けしたがる事に中指立ててる感じ。

夏。あちちち。。。昨夜閉店24時の五分前にCD屋さん入って、店員さんからの冷たい視線を感じながら急いで探して買った甲斐のあるくるりアルバム上海蟹のうた!!いまはCDプレイヤーないので脳内リピート再生しています。