Menu

焦がれ唄 MUSECA

遠い、昔の物語。
少女は、彼の帰りを、待ちました。

遥かな旅路の地平線 足跡も消えて
砂粒の霞む音だけが 物悲しい唄 歌う

あなたの背中は 運命 知らないまま
時だけが過ぎてゆく 孤独に

遍く風の悪戯 せめてこの息吹
夜に照る光となれ 示せしるしを

振り向かずに進んだら それが道標
あなたに届くことさえ 願う 奇跡を

逼く風の悪戯 せめてこの息吹
朝に舞う木の葉となれ 示せ 故郷を
見守る 戦火の中で 全てが朽ちても
あなたを想うことだけ それだけが証