Menu

東京紙芝居 竹島宏

開店前に 吸うタバコ
ビールケースに 腰掛ける
檜舞台に 立つ夢抱いて
今日も朝まで つくる酒…
ビルの谷間の 裏通り
捨てた故郷 思いだす
嘘とホンネの ネオンが揺れて
東京 盛り場 紙芝居

おまえも愛に はぐれたか
迷い子猫を 抱きあげる
胸に傷ある 似たもの同志
淋しがりやが 通う街…
星も見えない 裏通り
今はあの女 幸せか
泣いて笑って 酒酌み交わす
東京 盛り場 紙芝居

唇ひとり かみしめる
いつかこの手に つかむ夢
椅子が七つの 止まり木酒場
今日も笑顔で 立つ舞台…
風が冷たい 裏通り
胸の弱気を 振りほどく
飲んで騒いで また夜が更けて
東京 盛り場 紙芝居