Menu

最後のサヨナラ JY

あれから 何度目の冬が過ぎて
どれだけ 歩いたんだろう
新しい毎日を重ねながら
あなたの影 まだ探していた

思えば あの日に出会わなければ
こんなに 辛くないのに
知らずに 通り過ぎてくれてたら
好きになど ならなかった

これで最後のサヨナラだよね?
もう会わない約束だよね?
もし運命が二人を会わせたとしても
あなたはあなたの わたしはわたしの
幸せを握っていましょう

あの日と何か景色が違うの あなたがいないからかな
どこかで 次の春を探して どこかで冬を留めようとしてた
それでもわたしは 次の一歩を 信じて歩いてみたの
涙を落として 進んだ道には 新しい花が咲いていた

運命ならこれでいいんだよ
涙なんか 流さないでさ
長い雨はもう止んでいるんだ
昨日は昨日の 明日は明日の
生き方を見つけて行きましょう

心がひとりでに あなたを向く
許されない恋に背いていいなら
会いたい 時間が戻って 全てを捨ててしまっても、、、

あれで最後のサヨナラだよね?
もう会わない約束だよね?
もしも運命が二人を許したときは
この手を掴んで あなたとわたしの
幸せを結んで下さい