Menu

旅人の唄 PENGUIN RESEARCH

歌手:PENGUIN RESEARCH
作詞:堀江晶太
作曲:堀江晶太

まっさらの名前を与えられて 僕等は素足で旅に出た
途中 汚されたり汚したり そうやって命の形に気付いた
最初の日が暮れるその頃に 僕等が出逢うのは まず孤独
誰かにこの名を呼んでほしくて 明かりの灯る街を探した

君がいた 西の空にコバルトが滲む頃
瞬いた一番星は 今もよく覚えている

こんな綺麗な夜があるんだ こんな愛しい日があるんだ
君がいつか僕にくれたもの 星屑になったもの
こんな言葉ぐらいしか無いんだ ねえ 君に会えてよかった
交じり合ってそして離れゆくこの世界で
君に会えてよかった

鳥の群れが向こうからきて 頭上の遥かですれ違う
帰りの旅がもしあるのなら あの街にまた寄ると決めた

途方も無く長い時が 思い出をさらっても
光たけは掠め取れない 誰にだって奪えない

こんな綺麗な夜があるんだ こんな愛しい日があるんだ
心の奥の大事な場所 ここにしかない景色
こんな言葉ぐらいしか無いんだ ねえ 君に会えてよかった
出会いも別れも僕のもの
この旅路に名前をくれるもの

終着を 理由を 誇りを 証を
僕等はずっと 探し続ける

こんな綺麗な夜があるんだ こんな愛しい日があるんだ
君がいつか僕にくれたもの 今僕を照らすもの
こんな言葉ぐらいしか無いんだ ねえ 君に会えてよかった
交じり合ってそして離れゆくこの世界に また朝が来る
君に会えてよかった