Menu

打ち寄せられた忘却の残響に TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND

足元に打ち寄せるのは記憶の欠片

砂のようにさらわれてく偽り

崩れて消えてしまう

過ぎ去ってしまった 想いの残響に

優しく触れた指先は 形をくれた

その美しい微笑みの奥には きっと

白い脆い 真実 それだけを留めるの

何も纏うことも許されない

祈りの遠い声が響く