Menu

怪盗ミラクル少年ボーイ2 アルカラ

歌手:アルカラ
作詞:アルカラ
作曲:アルカラ

迷宮 カラクリ 蹴っ飛ばす 一撃必殺
IQ 奇天烈 ミステリアス おまけにジェントル

はちゃめちゃめちゃめちゃ むっちゃドッカン
都会がネオン火を吹いて
はちゃめちゃめちゃめちゃ 絶対ヤバイ
今夜飛ばした またもや挑戦状

政界 財界 芸能界 引っ張りだこで
そっくりくりそつ イメージガム パッパラパッパ

はちゃめちゃめちゃめちゃ むっちゃドッカン
目にも止まらぬ荒技で
はちゃめちゃめちゃめちゃ 絶対ヤバイ
地球儀がぐるぐる 大回転

オルボワール ラララ お茶の子さいさい
ミラクル少年 今夜はどこまで
オルボワール ラララ お茶の子さいさい
ちんとんたんとん 今宵はお祭り騒ぎさ

ドリフト 愛車 かっ飛ばす 電光石火
慌ててチャチャ チュヤチュヤヤー でんぐりがえって

はちゃめちゃめちゃめちゃ むっちゃドッカン
世界がパニック 追いかけて
はちゃめちゃめちゃめちゃ 絶対ヤバイ
トンズラでずらずら 大喝采

はちゃめちゃめちゃめちゃ むっちゃドッカン
スピード上げて 果てもなく (世界がパニック)

はちゃめちゃめちゃめちゃ 絶対ヤバイ
都会がギラギラ

はちゃめちゃめちゃめちゃ めっちゃドッカン
目にも止まらぬ荒技で
はちゃめちゃめちゃめちゃ 絶対ヤバイ
地球儀がぐるぐる 大回転

オルボワール ラララ お茶の子さいさい
ミラクル少年 今夜はどこまで
オルボワール ラララ お茶の子さいさい
ちんとんたんとん 今宵は

オルボワール ラララ お茶の子さいさい
ミラクル少年 今夜はどこまで
オルボワール ラララ お茶の子さいさい
ちんとんたんとん 今宵は お祭り騒ぎさ

ROMAJI
Meikyū karakuri kettobasu ichigeki hissatsu
IQ kiteretsu misuteriasu omake ni jentoru

wa chame cha mechamecha muccha dokkan
tokai ga neon hi o fui te
wa chame cha mechamecha zettai yabai
konya tobashi ta matamoya chōsen jō

seikai zaikai geinō kai hipparidako de
sokkuri kuri sotsu imēji gamu papparapappa

wa chame cha mechamecha muccha dokkan
me ni mo tomara nu ara waza de
wa chame cha mechamecha zettai yabai
chikyūgi ga guruguru daikaiten

orubowāru rarara ochanoko sai sai
mirakuru shōnen konya wa doko made
orubowāru rarara ochanoko sai sai
chinto n tanto n koyoi wa omatsurisawagi sa

dorifuto aisha kattobasu denkōsekka
awate te chacha chuyachuyayā dengurigaette

wa chame cha mechamecha muccha dokkan
sekai ga panikku oikake te
wa chame cha mechamecha zettai yabai
tonzura de zura zu ra dai kassai

wa chame cha mechamecha muccha dokkan
supīdo age te hate mo naku  (sekai ga panikku )

wa chame cha mechamecha zettai yabai
tokai ga giragira

wa chame cha mechamecha meccha dokkan
me ni mo tomara nu ara waza de
wa chame cha mechamecha zettai yabai
chikyūgi ga guruguru daikaiten

orubowāru rarara ochanoko sai sai
mirakuru shōnen konya wa doko made
orubowāru rarara ochanoko sai sai
chinto n tanto n koyoi wa

orubowāru rarara ochanoko sai sai
mirakuru shōnen konya wa doko made
orubowāru rarara ochanoko sai sai
chinto n tanto n koyoi wa omatsurisawagi sa