Menu

強がる蕾 深川麻衣(乃木坂46)

強がる蕾

歌手:深川麻衣(乃木坂46)
作詞:秋元康
作曲:大貫和紀・河原レオ・高木龍一

通い慣れたホームに春風が吹き
いつもよりも遅い電車を待つ

ママに借りた小さなボストンバッグ
部屋のものは先に送ってある

都会の暮らしに期待と不安 入り混ざって
広がるあの景色が寄せ書きに見えて来る

思い出に負けないように
顔を上げて微笑みながら
一人で決めたことを今踏み出そう
家族や友達残して
旅立つ日は夢への一歩
そう いつでも
さよならは強がる蕾

山の端が霞んで見えるのはなぜ?
花粉のせい?涙ではないんだ

心に描(えが)いた未来にベルが鳴り響いて
最後にここの空気を手を広げ吸い込んだ

寂しさに負けないように
次の季節 楽しみにして
新たな夢のその続き見つけよう
頑張れと励ましてくれた
みんなの声 今も聴こえる
いつの日にか
帰りたい 大人になって…

思い出に負けないように
顔を上げて微笑みながら
一人で決めたことを今踏み出そう
家族や友達残して
旅立つ日は夢への一歩
そう いつでも
さよならは強がる蕾

下り線のホームに降り立つ日まで
意地を張って時刻表は見ない