Menu

宮脇詩音 花開く時

また過ぎていくの 季節だけ…

周りに追いつきたくて 急げば急ぐほど
心が間に合わなくて 悔しさ感じてた

自分らしさだって まだ見つからなくて
誰かと同じようにしてれば楽だった
だけどそんな日々は もう終わりにしたかった

散った花開くその時は また一つ歳を重ね
夢見てた日々が 鮮やかに彩ると信じ続ける
また過ぎていくの季節だけ 繰り返す日々の中で
誰かの手借りて 少しずつ足りないものを埋めてくの

我慢も覚えてきたし 悩みも増えてきて
本当は誰かにそっと気づいてほしかった

あの子は持っていた 自分にはないもの
誰とも違うから輝いて見えてた
だからそんな風に 輝けること求めて

散った花開くその時は また一つ歳を重ね
夢見てた日々が 鮮やかに彩ると信じ続ける
必要ないなら置いていこう 塞がった両手広げ
受け止めたモノは 少しずつ大切なモノに変わるよ

自分らしさだって まだ見つからなくて
探そうともせずに逃げてばかりだった
だけどそんな日々は もう終わりにしたかった

散った花開くその時は また一つ歳を重ね
夢見てた日々が 鮮やかに彩ると信じ続ける
また過ぎていくの季節だけ 繰り返す日々の中で
誰かの手借りて 少しずつ足りないものを埋めてくの