Menu

女王蜂 – 始発

女王蜂 新曲 :始発
作詞:薔薇園アヴ
作曲:薔薇園アヴ
歌詞:
JR新宿始発出る頃 あなたのもとを私は発つ
口に残る味が問う「正気か?手放せるのか?」
もう何年経っただろう 数える指がかじかむ
そもそもこの小さな胸には とても耐えれることではなく

溶けない化粧を揺るがす程に 泣いてしまえたならよかった
今更流れ出す涙がやけに温かい
あぁ何度鳴っただろう 警報をうまくやり過ごして
懲りずに運んだこの脚が ごめんね 震えてる

空洞吹き抜ける生温い風 車内広告の下品た唄い文句
もうなにも刺さらない リフレインだけ置き去りにして
「貴方が好きでした」あのとき どうして 何故
手の鳴る方へ 歩めたなら きっと

プラットホームが誘っている 飛び込んで来いと嘲笑っている
愛されるのには疲れたろと まして愛すなんてやめておけと
プラットホームが誘っている 飛び込んで来いと嘲笑っている
愛されるのには疲れたろと
ああもう始まる今日が

けして大それたことを互いに求めてたわけではなかった
ただどうだろう 仕方ないとだけは言いたくなくて
ああどんなに欲しいだろう つたう指思い出す
そもそも幼い私には 泣くしか残されてはいない

紺色を淡く手放す空 どんなに、赤くなる程に泣いても
そう 世間知らずの私は 随分甘え倒してたから
「貴方が好きでした」あのときどうして 何故
貴方のその腕を 振り解いてしまったのか

プラットホームが誘っている 飛び込んで来いと嘲笑っている
愛されるのには疲れたろと まして愛すなんてやめておけと
このまま黙って走ってくる 速度に身を任せて仕舞うだけでいいと

貴方の声も匂いも背中も他の誰かのものになるのでしょう
伸びたその黒髪を指で遊ばせることも もう
どんな身体をもってしても どんな台詞を吐いたとしても
えぇ 判ってる

あの日の改札を思い出す きっと私は生きてゆく
愛されるのには疲れたけど まして愛すなんて怖いけれど
忘れることなら諦めてる それでも抱えて生きてゆける
あの日の改札を思い出す

あの日の改札を思い出す

プラットホームが誘っている 飛び込んで来いと嘲笑っている
愛されるのには疲れたろと まして愛すなんてやめておけと
プラットホームが誘っている 飛び込んで来いと嘲笑っている
愛されるのには疲れたろと

プラットホームが誘っている
飛び込んで来いと嘲笑っている
プラットホームが誘っている 誘っている

あの日の改札を思い出す