Menu

夜明け Hello Sleepwalkers

理由のない悲しみは ぶつける場所がない
理由のない明日は 理由のないまま訪れる
どこかに行きたい でもどこへも行けずに
月と目覚めたら 太陽と眠る生活

大きなプライドで 小さなことばかり
意味のない言葉は意味のないままにしたいだけ
もうやめにしよう でもそれさえできずに
月と目覚めたら 太陽と眠る生活

希望が絶望に変わるように 絶望は希望になれるさ
そろそろ世界が終わるような想像で 今夜も眠れるから

東の空 君が呪った忌々しい光が射す
西の空 誰か呟く「明日は晴れますように」

書き殴ったイメージには 形も色もない
理想を並べたら 並べた分だけ解る距離
押入れの奥までしまい込んだ憧れ
月と目覚めたら 太陽と眠る生活

希望が絶望に変わるように 絶望は希望になれるさ
そろそろ世界が終わるような想像で 今夜も眠れるから

商店街を抜けて少年達は走る
どこまで行けよ 迷いのない靴音
僕たちの明日はひと続きの希望
どこまでも行ける そう思っていたあの日

理由のない悲しみは ぶつける場所がない
理由のない明日は 理由のないまま訪れる
まだ僕は歌っている まだ世界は動いている
意味もなく 理由もなく

欠けたこころ ひとつ持って行く
振り落とされないように
開いた窓の外 色付く街

東の空 君が呪った忌々しい光が射す
西の空 誰か呟く「明日は晴れますように」

気付けば誰かが早めた時計 正しさも間違いも疑っている
孤立と共感を天秤にかけて 今日も自分を保っている
簡単なことさ 生き抜く事は 枯れた水脈を掘り当てるくらい
何度も何度も繰り返せば いつもと違った朝が来る