Menu

多田葵 灼け落ちない翼

見渡せる場所に 今朝は辿り着く
遠く線路が伸びる こびりついた土
踵から落とし
歩いた距離を測ってみたり
前髪を揺らすように
風が強く吹いたらもう何も迷わない
世界の果てさえ僕らは知らない
悲しまず生きる術も持ってない
目指すこの先に待ってる勇気
それを手にしたら終わる夢を見た

いろんな挨拶繰り返してきた
並ぶ白い歯は同じ
大袈裟なバッグまだ空っぽだけど
たいしているものなんかなかった
両膝を地に着くと
また風がざわめいて僕の背中を押す
空が変わり果て僕らは眠る
見渡せる場所に 今朝は辿り着く
遠く線路が伸びる こびりついた土
踵から落とし
歩いた距離を測ってみたり
前髪を揺らすように
風が強く吹いたらもう何も迷わない
世界の果てさえ僕らは知らない
悲しまず生きる術も持ってない
目指すこの先に待ってる勇気
それを手にしたら終わる夢を見た

いろんな挨拶繰り返してきた
並ぶ白い歯は同じ
大袈裟なバッグまだ空っぽだけど
たいしているものなんかなかった
両膝を地に着くと
また風がざわめいて僕の背中を押す
空が変わり果て僕らは眠る
明日への架け橋何とか渡って
本当の強さを誰も持ってない
目覚めたらすぐに今日も歩き出そう
そろそろご飯の支度をしなきゃ
倒れてしまう前に
蜜を靴ですくって飲んだ
だらしなくなる一人だと
前髪を揺らすほど風が強く吹いたら
ここを離れる合図
世界の果てさえ僕らは知らない
悲しまず生きる術も持ってない
目指すこの先に待ってる勇気
それを手にしたら終わる夢を見た
空が変わり果て星は巡ってゆく
目覚めたらすぐに今日も歩き出そう