Menu

城太郎 – 初恋はアイスキャンディ

城太郎 新曲 :初恋はアイスキャンディ
作詞:城太郎
作曲:城太郎
歌詞:
君と初めてのデート 並んでたべたアイスキャンディ
ハズレの棒で笑えてた ゴミ箱を探して歩いた
波の合間にキスをした 砂の数だけ想ってた
茜に染まるあの空を おんなじ顔で見つめていたんだ

君はいまどこにいるんだろう 今年もまたあの夏がくる

初恋はアイスキャンディのように甘く 溶けてゆく
バニラエッセンスの匂いが 売店の窓から溢れてゆくよ
さよならって君が泣いた ありがとうって僕が泣いた
サンダルの音が響く 君の背中が今年もやってくる

大人になれない僕ら だけど喧嘩もしなかった
恋人がするべきことが 曖昧でわからなかった
ずっと一緒にいたかった いられるはずと思ってた
風になびくキャミソールは 永遠だなんて思っていたんだ

君はいまどこにいるんだろう 今年もまたあの夏がくる

初恋はアイスキャンディのように 甘くて溶けてゆく
水平線の雲のように 風に流されて消えてゆくよ
さよならって君が泣いた ありがとうって僕が泣いた
踏切の坂を下ったら 君の背中が今年もやってくる

初めてをたくさん知った二人は 遠く離れてく
貝殻を集めて並べてた いつかの君はもうここにいない
神様 もしも本当に運命の出会いだったら
いつかまたきっと会えるだろう
そのときはなんか照れくさいだろう

初恋はアイスキャンディのように甘く 溶けてゆく
バニラエッセンスの匂いが 売店の窓から溢れてく
さよならって君が泣いた ありがとうって僕が泣いた
サンダルの音が響く 君の背中が今年もやってくる