Menu

土佐女房 中村美律子

土佐女房

歌手:中村美律子
作詞:石本美由起
作曲:叶弦大

女(おんな)荒波(あらなみ) 惚れたら一途
漁師世帯の 土佐女房
好きなあんたの 出船のときは
無事と大漁を ただ祈る
鰹(かつお)相手の いごっそう船は
三月(みつき)過ぎても アン ア アン ア ア アー 戻らない

嫁に来てから もう幾年(いくとせ)か
意地の火を抱く 土佐女房
私しゃ港で あんたは船で
遠く離れて 暮らそうと
通う心は 命のきずな
後家(ごけ)にゃしないと アン ア アン ア ア アー 風が吹く

茶断(ちゃだ)ち 塩断(しおだ)ち 操(みさお)を守り
留守をしっかり 土佐女房
大漁ばんざい 港に帰る
船はこの世の 宝もの
浜が湧(わ)き立(た)つ 祝いの酒に
酔うてあんたに アン ア アン ア ア アー 抱かれたい