Menu

君がいないから 渋谷すばる

生れて来た時 僕らは
泣くことしかできずに
みつめることも 歩くことも
生きてるということも
何もわからずに それでも
何かに包まれていた
長い旅を終えるかのように
眠っている間に

とても大切にしていたもの
大きくてみえないほど

いつか君に逢えなくなって
僕は心失くすだろう
愛だけしかない
それしかないのに
君がいないから

ふりかえると いつもそこには
やわらかな光がある
僕の影をふまないように
連添て来る 君がいたから

何も考えずに 感じあえた
ふたりなら そこに行ける

いつか君に逢いたくなって
それが何かわかるだろう
愛だけしかない
それしかないのに
君がいないから

愛だけしかない
それしかないのに
君がいないから