Menu

南條愛乃 そらほしひとつ

遠く光る星 鈍色に輝く
手の届かない日々を そっと諭すように
今は眩しくて 辿れない記憶も
傷跡が癒える頃 思い出になる

振り返る事は いけない事じゃないと
ずっと言い聞かせている
僕の時は止まったまま

笑顔が似合う君のこと 思い出にしたくなくて
何度も抗っては 現実を拒んでる
巻き戻らない時を 密やかに認めながら
ふたりが過ごした過去の中 ただひとり生きる

何を言い合っても また笑いあうように
ふたりで決めたルール そんな合言葉
今は呟いても 空気へと散らばる
仲直りの記憶がただ愛しい

輝く星のした 語り合ったね
きっといつか叶えたい夢を
君と僕の夢になった

消えない記憶にすがって 泣いてばかりの自分を
どんな想いで君は 見守っているだろう
ふたりで約束した 明るいはずの明日へと
歩いて行く時が近づく 思い出を胸に

忘れなくてもいい ふたりで過ごした日々を
毎日が輝いたのは 君がいたからだよ
遠く離れた空に 想いを込めて生きよう