Menu

南條愛乃 きみを探しに

初めてきみのことを考えた夜から

きみのいない部屋は 雨の中のお散歩みたいで
不意に泣きたくなる
オルゴールの音色が 浮かんでは消えていく

出会いの日に 戻りたくて私
ドアを開けて 走り出したよ

大好きな きみのこと 奪われたくはない
だから私は強くなる
揃わない足並みで きみを迎えに行くんだ
オレンジ色 染まる空に 愛してる

白いシャツについた きみの香り遠くなる前に……
夏が恋しくなる きみと花火 遊んだ
落ちてく砂時計

別れの日は 余りにも唐突で
電話しても 他人みたいで

大切な想い出を 失いたくはない
勇気を胸に 取り戻す
振り返ることはせず きみを探しに行くんだ
この気持ち届かなくても 愛してる

聴きなれた低いその声 私を呼んでる
物語は何度だって 信じてさえいれば 蘇る

他の誰かじゃなくて きみが必要だから
同じ毛布で目を覚まそう
砕け散るその前に きみを抱きしめたんだ
2人の唇が動く 愛してる