Menu

勝手な青春劇 ゲスの極み乙女。

駅前で恋して暮らしてた
過去形にしたい僕の走り書き
いつの間にか大人になって
汚い感じに体を拭った
泳がした純粋な成功(精巧)のモデルが本当に
どこかに消えてしまった
青い春を仰いだんだ

あれもこれも皆
きっと作り話だって
とめどなく不思議と積もる(募る)安心感

勝手な青春劇
愚痴をこぼして終わり
僕らの毒は僕らだけじゃないんだから
大丈夫
勝手に青春劇
なんとなく楽しくて
終わりにはしない 僕らだけの時間を

優越感を感じ取って
言いたい放題受け取って
何も言わず大人になった
それが後に分かるから
後悔の会計のお釣りは
チップで受け取って
違う形で返して
笑顔で突き返すから

過去や優しさのせいで
強くなれないこととか
何食わぬまもなく伝う
大人と大人の熱い感情に
馴れない僕は歌うよ

勝手な青春劇
愚痴をこぼして終わり
僕らの毒は僕らだけじゃないんだから
大丈夫
勝手に青春劇
なんとなく楽しくて
終わりにはしない 僕らだけの時間を

勝手な青春劇
一つが終わったら
また始まる僕らだけの時間を
もう一回

止まる眩い結果を抱きしめる
それが出来たらまた始めよう
青い春に惑わされそうな
他の誰かに歌ってます