Menu

共鳴世界の存在論 二宮飛鳥 /学園黙示録のOP

壊れたラジオから聞こえてくる音は
まるでボクらの声だ
ノイズの中埋もれ錆び付いた言葉を
解き明してくれよ

誰にも届かない声が今
キミに聞こえたなら
ボクらは同じさ
孤独を抱えて響いて引き合う周波数

存在証明を、この悲鳴を、或いは歌を
叫び続ける
ボクは此処にいる
“次のセカイ”の鍵をそっとまわしたなら
さあ、光の中へ、今

明滅する町はボクらによく似てる
誰もが傍観者
照らしだされた影 触れられない灯り
曖昧なレゾン・デートル
だれもが全てを理解れやしない
移ろい変わる人を
それでもボクらは知らずにいられず
何度も何度も問うてく

止まぬ雨よ この悲鳴や、迷い、纏めて
流したあとに 答えてほしい
キミの目が映し出したこのセカイは
今どんな色で揺れる?

嗚呼、許されるのなら今 確かめたい
ただ、ボクがボクであるその”証”

存在の理由を、この歌を、そしてキミを
叫び続ける
ボクは此処にいる
“次のセカイ”の鍵をそっとまわしたなら
さあ、ボクと共に

存在証明を
存在証明を
存在証明を―

―さあ、往こうか