Menu

入野自由 月と僕の距離

「優しいね」なんて言葉
少しも嬉しくないよ
余裕あるその仕草が
僕をもどかしくさせる

笑顔のウラの淋しさ
見抜けないほど コドモじゃないよ

こんなに
追いかけて 追いかけても 縮まらない
まるで 空に浮かぶ月と僕だ 二人の距離
追いつけない距離なら
せめてこのまま 僕を照らしてて

決して見せない弱音を
打ち明けてくれるのなら
すべてをかけて捧ぐよ
君を照らす光になる

強がる肩をほどいて
僕に預けてほしいよ

今はどんなに
寄り添って 寄り添っても 触れられない
まるで 空に揺れる月と僕だ 二つの影
抱き寄せれば近づく距離なら
せめて すくわれるのに

空に君が浮かぶ夜は
気まぐれでもいい 声を聞かせて

追いかけて 追いかけても 縮まらない
まるで 空に浮かぶ月と僕だ 二人の距離
追いつけない距離なら
せめてこのまま 僕を照らしてて
せめてあと少し 僕を照らしてて