Menu

五線紙とペン 川村結花

五線紙とペン

歌手:川村結花
作詞:川村結花
作曲:川村結花

五線紙とペン それからちょっとのお金と洋服
そんだけ持って 東京に出て来た30年前
リッキーリージョーンズみたいになりたい絶対になるんだって
いま思えばかなり思い込みの激しい イタい18歳

世田谷区宮坂 築50年強の木造一軒家
雨漏り天井の下で野望だけがギラギラふくらんで
いわゆる夢と現実のギャップ 現実問題ビンボーで
これは通過点通過点だって 念仏みたいにとなえてた

いつの日かいつの日か、って言い続けてたけど
いつの日かがいつかは いまだにわからないまま

もしもあの頃のわたしに会って
ねぇこうなりたかったの?って問いかけたなら
ビミョーにちがうって答えるだろう
それくらい自分のことなんにも なにひとつもわかっちゃいなかった

五線紙とペン それからいくつかの作品持って
職業は音楽家 そう名乗り始めた20年前
数え切れない行き止まりと 地獄で時々ホトケに会って
そんな毎日のあれやこれや 歌につめこんで暮らしはじめた

そんなこんなでいつのまにか創業20年
何の因果かよりにもよって天中殺のど真ん中

始めた頃からずいぶん変わって
時代はめぐってそのたびグラグラしたけど
グラついてもグラついても変わらなかったのは
五線紙とペンの地味な作業

でもね 会った事もない誰かが
そんな歌に人生をかさねてくれたとき
こんなどうしょうもないちっちゃなわたしにとって
それ以上しあわせなことなんてないって
心の底からほんとにそうおもった

五線紙とペン これさえあれば生きて行ける
どこにいても何をしてても これさえあれば生きて行ける
電気の消えた あの日あの絶望の中で
燦然とそびえたってた あの強い想いを忘れない

五線紙とペン ただの五線紙とペン
そこにはまだ見ぬ歌が 歌になりたがってる
描かずにはいられない想いをただただ紡ぐ
わたしの物語が 誰かの物語になる日を夢見て

行けるとこまで とりあえず50まで
一緒に生きてこう 五線紙とペン 五線紙とペン