Menu

三森すずこ – ちいさな手と観覧車

三森すずこ 新曲 :ちいさな手と観覧車
作詞:ふわりP
作曲:ふわりP
歌詞:
観覧車にのりこむ あしあとをたどって
まわりだした時計を 風がそらへおしあげた

キラキラに 光をつなげた
レンガ模様のみち
にぎやかさが はねた

ちいさな手を めいいっぱいひろげた
あのひのように それはきょうも色を 描いた
せのびをして はしゃいでいた このとおりも
今はあなたの手 そっとふれて あるけるんだ

観覧車にのりこむ あしあとをたどって
まわりだした時計を 風がなぞった
過ぎる かがやきのかおり
ふたりの かげぼうし
ぼやけた砂ぼこりを きって景色に とけた

ふかふかに カゴを敷き詰めた
ふうせんの花束
みぎひだり およいだ

のぞきこんだ 花束のせかいは
みつけだした きょうのこえをまるく描いた
せのびをして にぎりしめた このリングも
今はあなたの手 そっとふれて つかめるんだ

観覧車にのりこむ あしあとをたどって
まわりだした時計を 風がなぞった
ゆれる ながぼそいセピア
ふたりの かげぼうし
ぬりかわるさかいめを きって
夕日に とけた

まちあかり 金色の灯 またたいた

ドキドキつみこんで
とわをのぼる てつのふねは
きてきを ならして
ふたりに キセキをうつした

ときをきざむ はりのように
ふねはそらたかく 舵をとる
打ちあがる 花火の
ひかり ねいろ
ふたりに キセキをうつした

そしてしずかに 雲がながれる

あしあとをたどって
やがて今日が くれてゆく
まばゆい ひかりは
ここにつないだ ゆめをえがいて わらった

パレードはゆく
とわの音を ひびかせながら

??うたをうたえば ほら
ココロにある つぼみは
はなを咲かせる ららら
観覧車にのりこむ あしあとをたどって
まわりだした世界は きっと あすへと 続く