Menu

一青窈 満点星

卒業証書

抱えて
自慢げに振り返る僕、の頭には
桜の花びらがライスシャワーみたいで
いつか
夢見た君の背中にも
春 が 降 る

嬉しくて悲しくなってとびきりの笑顔に救われるの

君があの星と約束をして
僕を選んでくれたからだね
数多命をつないで
君がここにいる奇跡
ずっとそばにいるからね

教会に響く鐘
空か歌う晴れの日

恐れることは何もない!

世界が君を祝福してるよ
僕が満点の星になったら
君の淋しい夜を照らして
数多光りをつないで
三億光年先もずっっっっっとそばにいるからね

君があの星と約束をして
僕を選んでくれたからだね
嗚呼
また、
手と手をつないで君と歩いてゆきたい

『生まれてくれてありかとう』