Menu

メーデーメーデー amazarashi 歌詞 / amazarashi Mede mede Lyrics

amazarashi 新曲「メーデーメーデー」歌詞
発売日:2016年10月12日
歌手:amazarashi
作詞:秋田ひろむ
作曲:秋田ひろむ
歌詞:
茫漠たる享楽の混濁する網膜を 老若男女すべからく漂白するコンダクト
思考なきマスゲーム 堕落の行進曲 反旗も空しく 価値と数の暴力
否応もなく
突き立てられる喉仏 己を殺せ 無明の権化 無能、クズも仏
色めき立つ世俗共の純粋なるアンチで 近代合理主義のここどん詰まりにて

テレビの向こうの多数の犠牲者には祈るのに
この電車を止めた自殺者には舌打ちか
溜め息に似た自覚無き悪意が
ファストフードの油の匂いみたいに飽和している東京
黙祷
少し黙れ喋り過ぎだ
って我慢できず喋り出す自意識が 空白を埋めるな
踏みならすアスファルトに 生命浄化のアナトミー
等しくこの土地に死すなら

シスター
どうか慈悲を我らアウトランダー 背徳とはなんだ 善は悪を孕んだ
罵ったあとですぐ抱きすくめる「この売女」
二十一世紀ようやく迎えた人類の反抗期 値段も善悪も美醜も移ろうように
謀反にするどく研ぐ段平 泣きじゃくりの賛美歌
己を忘却してはいないか?
中古本屋で百円均一のハイデガー

高層ビル 名無し アイロニー 物質主義 吐く血 センシティブ
燃やす運命 分別ない文明 香典返しは歌のラストシーンで死んで
いずれ来る寂滅 自ずと判明する判決に泣いて
メーデー メーデー って子供みたいに泣きじゃくる無邪気な愛で

大学卒業後、中小企業に就職 それを機に同級生の彼女と巣を作る
息子、娘一人づつ、四人家族の幸福
激務だが平均年収、越えて撫で下ろした胸
色んな事を諦めた 屈辱に顔しかめた
そのお陰か都内の新築マンションには手が届きそうだ
少し光が射した 今まで以上に気張った それがまずかった

向上心や見栄が仲間を遠ざけた 鼻につくと陰口 罵り 嘲り
自分諭す、無になれ 同調圧力、ヒエラルキーの下で
住宅費 頭金 積み立て 鎖に繋がれた飼い犬だと気付いた
喜んでくれた妻の笑顔を裏切れなかった

────これは全部想像だ 今日、電車に飛び込んだ男についての

高層ビル 名無し アイロニー 物質主義 吐く血 センシティブ
燃やす運命 分別ない文明 香典返しは歌のラストシーンで死んで
いずれ来る寂滅 自ずと判明する判決に泣いて
メーデー メーデー って子供みたいに泣きじゃくる無邪気な愛で

切り捨てるべきか 差別するべきか 淘汰されるべきか
実は悪意こそが普遍だ
「自分だけは大丈夫」という確信を この時代に持てるんなら
相当な権力者か馬鹿だ
八つ当たりの偽悪をひけらかしたいだけなら
そのだらしない下水溝みたいな口を閉ざすべきだ
愛なき時代か そうは思わないが ぞんざいに扱われる愛も数知れず見た

僕は人を愛すが、それ以上に人を憎んだ
殺したい奴はいるが、守りたい人もできた
世界を恨む時代は終わった 貸しは返すつもりだが
その期に及んで競い合うつもりか
勝つか負けるか 上か下か そうじゃない 賞金も勲章もない
もはや生存競争だ
なり振り構ってられるか 口を閉ざしてたまるか
どうか生き残ってくれないか

高層ビル 名無し アイロニー 物質主義 吐く血 センシティブ
燃やす運命 分別ない文明 香典返しは歌のラストシーンで死んで
いずれ来る寂滅 自ずと判明する判決に泣いて
メーデー メーデー って子供みたいに泣きじゃくる無邪気な愛で
ROMAJI
Bōbaku taru kyōraku no kondaku suru mōmaku o rōnyakunannyo subekaraku hyōhaku suru kondakuto
shikō naki masugēmu daraku no kōshinkyoku hanki mo munashiku kachi to kazu no bōryoku
iyaō mo naku
tsukitaterareru nodobotoke onore o korose mumyō no gonge munō, kuzu mo futsu
iromekitatsu sezoku domo no junsui naru anchi de kindai gōri shugi no koko don tsumari nite

terebi no mukō no tasū no gisei sha ni wa inoru noni
kono densha o tome ta jisatsu sha ni wa shitauchi ka
tameiki ni ni ta jikaku naki akui ga
fasutofūdo no abura no nioi mitai ni hōwa shi te iru tōkyō
mokutō
sukoshi damareshaberisugi da
tte gaman deki zu shaberidasu jiishiki ga kūhaku o umeru na
fuminarasu asufaruto ni seimei jōka no ana tomī
hitoshiku kono tochi ni shisu nara

shisutā
dōka jihi o warera autorandā haitoku to wa nan da zen wa aku o haran da
nonoshitta ato de sugu dakisukumeru ‘kono baita’
ni jū ichi seiki yōyaku mukae ta jinrui no hankō ki nedan mo zenaku mo bishū mo utsuro u yō ni
muhon ni surudoku togu danbira nakijakuri no sanbi ka
onore o bōkyaku shi te wa i nai ka?
chū furuhonya de hyaku en kinitsu no haidegā

kōsō biru nanashi aironī busshitsu shugi haku chi senshitibu
moyasu unmei funbetsu nai bunmei kōdengaeshi wa uta no rasutoshīn de shin de
izure kuru jakumetsu onozuto hanmei suru hanketsu ni nai te
mēdē mēdē tte kodomo mitai ni nakijakuru mujaki na ai de

daigaku sotsugyō go, chūshō kigyō ni shūshoku sore o ki ni dōkyūsei no kanojo to su o tsukuru
musuko, musume ichi nin dutsu, yon nin kazoku no kōfuku
gekimu da ga heikin nenshū, koe te nadeoroshi ta mune
ironna koto o akirame ta kutsujoku ni kao shikame ta
sono okage ka tonai no shinchiku manshon ni wa te ga todoki sō da
sukoshi hikari ga sashi ta ima made ijō ni kibatta sore ga mazukatta

kōjōshin ya mie ga nakama o tōzake ta hana ni tsuku to kageguchi nonoshiri azakeri
jibun satosu, mu ni nare dōchō atsuryoku, hierarukī no shita de
jūtaku hi atamakin tsumitate kusari ni tsunagare ta kaiinu da to kizui ta
yorokon de kure ta tsuma no egao o uragire nakatta

???? kore wa zenbu sōzō da kyō, densha ni tobikon da otoko nitsuite no

kōsō biru nanashi aironī busshitsu shugi haku chi senshitibu
moyasu unmei funbetsu nai bunmei kōdengaeshi wa uta no rasutoshīn de shin de
izure kuru jakumetsu onozuto hanmei suru hanketsu ni nai te
mēdē mēdē tte kodomo mitai ni nakijakuru mujaki na ai de

kirisuteru beki ka sabetsu suru beki ka tōta sareru beki ka
jitsuwa akui koso ga fuhen da
‘jibun dake wa daijōbu’ toyuu kakushin o kono jidai ni moteru n nara
sōtō na kenryoku sha ka baka da
yattsu atari no giaku o hikerakashi tai dake nara
sono darashi nai gesui mizo mitai na kuchi o tozasu beki da
ai naki jidai ka sō wa omowa nai ga zonzai ni atsukawareru ai mo sū shire zu mi ta

boku wa hito o aisu ga, sore ijō ni hito o nikun da
koroshi tai yatsu wa iru ga, mamori tai hito mo deki ta
sekai o uramu jidai wa owatta kashi wa kaesu tsumori da ga
sono ki ni oyon de kisoiau tsumori ka
katsu ka makeru ka ue ka shita ka sō ja nai shōkin mo kunshō mo nai
mohaya seizon kyōsō da
nari furi kamatte rareru ka kuchi o tozashi te tamaru ka
dōka ikinokotte kure nai ka

kōsō biru nanashi aironī busshitsu shugi haku chi senshitibu
moyasu unmei funbetsu nai bunmei kōdengaeshi wa uta no rasutoshīn de shin de
izure kuru jakumetsu onozuto hanmei suru hanketsu ni nai te
mēdē mēdē tte kodomo mitai ni nakijakuru mujaki na ai de