Menu

ページ〜君と綴る物語〜 eyelis

走り出せば なびく髪
澄んだ空を 呼んでくる
行き先なら もう決めた
握るたづな 熱くなる

迷いを打ち消して
心動かすのは
いつでも君なんだ
信じてみたくなる
出会いがまたひとつ
明日をかえてゆく

願い溢れる度に
ふわり風が吹いて
新しいページ めくるから
誰も知らないのなら
一緒に見つけたいよ
物語の続きを
君が描く未来を

鍵をまわした右手を
そっと 空に置いてみる
ここにいると気づくんだ
もう一人じゃないんだと

向かい合う瞳の
まっすぐな言葉が
身体中 響いてる

気持ち触れ合う度に
過ぎた日を溶かして
昨日より少し 強くなる
雲を追いかけるように
一緒に感じたいよ
君に見える世界を
その手にある希望を

読みかけていたままの本を
もう一度 この手で開くよ

願い重なる度に
風は色を増して
新しいページ 彩るよ
誰も知らないのなら
一緒に見つけたいよ
物語の続きを
君が描く未来を…