Menu

フラワーカンパニーズ – 未明のサンバ

フラワーカンパニーズ 新曲 :未明のサンバ
作詞:鈴木圭介
作曲:鈴木圭介
歌詞:
ほこりかぶったテーブル ひび割れたコップが反射する
空の薬のパッケージ 散らかった六畳のフローリング
イヤフォンから微かにもれる カルトーラの哀しいサンバ
カーテンの向こうでは 月がまぶたをこすりだす

もがけ もがけ 壊して 壊して

痩せた猫の鳴き声 慌ただしくバイクが消える音
想い出のトランプをシャッフル ハートのエースが出てこない
もう何だか凍りそうだ 君の体温を忘れてく
唇にこびりつく闇 出口がどこにも見当たらない

もがけ もがけ 殺して 殺して

心臓をグッと押しても 涙もため息も出なくて
ただちょっと息苦しくなった ただちょっと息苦しくなった

夜明け 夜明け 焦がして 焦がして
燃やして 燃やして 今までを何もかも
飛ばして 飛ばして これからを何もかも

光の粒へ 飲みこまれていけ 光の粒へ 飲みこんでくれ

足りないか 足りないのか まだもっと急げるか
行けそうか 行けそうか 間に合うか 間に合うのか
手遅れか 手遅れか まだもう少しやれそうか
間に合うか 間に合うのか
眩しい朝が 眩しい朝が 眩しい朝が 眩しい朝が