Menu

ナオトインティライミ 未来へ

思い通りにいかなくたって
上手に笑えなくったって
それでいい
それでもいい
でも、あきらめたくないから

時には風が吹いたって
そこには夢が待ってんだ
苦しみの先にある
輝く未来を信じて

当たり前だと思っていた日常が
あっという間に姿を変えて 変えて
どれだけ涙流してもこの不安は
ずっとのさばズってる 蝕んでる

なんで自分ばっか こんなつらい思い
いつまで我慢したら抜け出せるの?
ちよつとれ神様ひとはみな平等で
だからいつか報われると
信じてもいいんだよね

思い通りにいかなくたって
上手に笑えなくったって
それでいい
それでもいい
でも、あきらめたくないから

時には風が吹いたって
そこには夢が待ってんだ
苦しみの先にある
輝く未来を信じて

いつもやさしてくれてありがとう
心配ばかりかけてごめんね
どれだけその一言で頑張れたか
あなたというすべてが希望なんだよ

誰のせいでもない運命
恨む相手がいたら救われたのだろうか
でも今 あなたとならば
遠回リの道の先に
ささやかな幸せ感じられんだよ

不安だらけの未来に立ったって
きつと光はあるんだって
乗り越える自信は今はまだないけれど
答えはどんな時だって
自分の中にあるんだって
不確かで孤独な旅
みんなも続けているんだろう

悔しさであふれたこの感情吐き出したくて
やり場のない思いを叫んでんだ
負けるもんか 負けるもんか

いつか笑えたらそれでいいさ
いつになつても構わないさ
明日が今日という
少しでもいい日になりますように

時には雨が降ごふて
そこには夢が待ってんだ
水たまリに青空写し
されいな虹がかかるように
さあ 自分を信じて
光り輝く未来へ