Menu

シブヤノウタ ミオヤマザキ

空っぽだ
何もない
叶わない【いつか】が
溢れるあの場所は
あぁやっぱり
苦しい寂しい
でもとりあえずなんか
また私は向かってる

渋谷には本当は何にもないこと
皆気づいているはずなのに…

すれ違う人達
スクランブル交差点
「あ、足踏まれた」
でも
生きている気がした

きっと何かを見つけたかの様に
なんとなく選んでは手にして
なんとなく飽きたら
なんとなく捨ててきたんだ

生きるのはキツイな

”自分の為”とかとても難しくて
”誰かの為”の方がよっぽど簡単で
だからね ずっとね
誰かを愛すフリして
一人にならない様に生きてきた

誰でもいい?
私はイヤだよ ねぇ
名前を呼んでよ
「代わりなんていない」て
「愛してる」
「大好きだよ」
「この世で一番大切だよ」て
痛いくらいに抱きしめて欲しいんだよ

援交も薬もイジメもデモもSEXも
リスカも自殺もヒキコモリだって
大丈夫って言われたいだけ
大丈夫って言われたいの
ただ気付いて欲しいだけなんだよ

誰かの「いつか」は”期待しないで”て
私の「いつか」は”期待しない様に”

本当は誰かの為とか自分の為とか
どうでもいいんだって言えたら楽なのに

本当は誰かの為とか自分の為とか
どうでもいいんだって言えたら楽なのに

空っぽだ
何もない
叶わない【いつか】が
溢れるこの場所で
例え苦しくて寂しくなったって
なんとなく集まり誰かと笑って
今日も生きている