Menu

ゲスの極み乙女。 煙る

「消えないで」
「消えてしまいそうなの」
ワセリンの匂いがする部屋が
記憶に浮き上がった
最後まで思い出せないけどさ

なんとな<確信に変わるころ 怖くなってく予感がしたんだ でも何故だろうねえ何故だろう 動き出す体を止められない 諦めるか(この際の死) 糸をたぐり寄せた 肌を寄せた記憶さえも どうも哩昧に煙った どこもかしこも見えないものだらけ 消えかかるまで大切さに気づけなかった 消えかかる声優しくお前に取り澄ます 消えかかるまで泣いたりなんてしなかったのに なくなりそうになっていざ見つけるなんてズルいよね (今更になって無茶はしないで) ってきっと言うんだろうな 控えめなんて言わないでよって 顔を赤らめて笑うんだろうな 「今から迎えに行くから」 「そうね間に合うかしら」 「いなくなるなんて言わないでね」 「そういえば今日はやけに体が軽いの」 「そうかそれはよかった」 「でもあなたのことを忘れそうなの」 「実は同じなんだ」 消えかかるまで大切さに気づけなかった 消えかかる声優しくお前に取り澄ます 消えかかるまで泣いたりなんてしなかったのに なくなりそうになっていざ見つけるなんてズルいよね