Menu

ゲスの極み乙女。 無垢な季節

よく見ると真ん中に写っている
よく見ると顔が偉そうだった
昔は目立ちたがりやだった
たしなめあうのが日常だったんだ
見つめ合う真夏の訃報と
轟き合う2人の心臓が
矛盾した現実に入り込む
蜃気楼に僕らは溶け込んだ
泣けて泣けて泣けてくるんだ
夏が奪ったわけじゃないけど
ずるいなって思ったんだ
泣けて泣けて泣けてくるんだ
僕だけがいつも取り残されて
夏が終わっていく

無垢な感情が花屋の店頭のユリを見て煌めいた
そんな季節
花言葉を見て揺らめく2人の記憶がフラッシュバックした
そんな季節
見つめ合う真夏の訃報と
轟き合う2人の心臓が
矛盾した現実に入り込む
蜃気楼に僕らは溶け込んだ
僕もいつかは8月の気まぐれに巻き込まれてしまうんだろうか
それはそれで悪くないけど
出来ればあの時描いた青写真を紙飛行機で飛ばして見えなくなるまで
見届けてからにして欲しいな
帰りにやっぱり買うことにしたユリの花を手に取った
何でもない
本当に何でもないはずなんだけど涙が止まらないんだ
花になったのかな
花になれたのかな
やっぱり涙が止まらないんだ
泣けて泣けて泣けてくるんだ
夏が奪ったわけじゃないけど
ずるいなって思ったんだ
泣けて泣けて泣けてくるんだ
僕だけがいつも取り残されて
夏が終わっていく