Menu

ゲスの極み乙女。私以外私じゃないの 歌詞 PV

ゲスの極み乙女。 私以外私じゃないの 歌詞

冴えない顔で泣いちゃった様に侵されて 絶え間のない暮らしを今日も重ねた
寄っかかりそうな明日に期待するたびに 何度も今日も表題の上に隠した
いつも私は何回も瞬きしては 変わる事に簡単に動揺したわ
だけど意外と目を瞑った瞬間に
悪くないやって思いながら明日を悟ったんだ

私以外私じゃないの 当たり前だけどね
だから 報われない気持ちのせいにして
生きていたいよ 映るでしょう

「ただ思い上がった気になって」 誰かの声がしたけど
「殻にこもったはずだった」 私はもうそこには居ない
「私になってみてよって」 私になってみたいでしょう
「声にならない言葉って」 自分が煙に巻かれた
Wow wow wow 恥ずかしくて言えないけど
Wow wow wow 私にしか守れないものを
Wow wow 身を削ってつむいだら 案外さ悪くないかもよ

私以外私じゃないの 当たり前だけどね
だから 報われない気持ちのせいにして
生きていたいと思うのよ

私以外私じゃないの 誰も変われないわ
今日を 乗り出して逃げないようにして
明日に投げ込んで 目を開けたんだ

私以外私じゃないの どうやら貴方も そう誰も
変われないって事みたいね 背を向けていいんだった
だから 私はもう怖くないんだ 夜更け過ぎを待つわ
今日も 報われない気持ちのせいにして
生きてたいって思うの 気を吸い込んだ

——————–
やっぱ凄いゲスの極み乙女。 今回もピアノの旋律に強烈なギター♪^ ^

聴いた時から思っていたんだけど絵音さんのハイトーンが存分に聴ける、声フェチにはたまらない曲だと思うんだ( ˘ω˘ )

が素晴らしい えのぴょんのサビのファルセットと、ほな・いこかのドラムと課長のベースのコンビネーション。

それからちゃんMARIの暗めコード進行。

私以外私じゃないのというストレートな歌詞♪

Indigoのツアー終わったばっかなのに川谷くん凄い(≧∇≦)

PVに出てくる歌舞伎の女性、まさかのみをさんだとは、、、

能楽堂でピンクの衣装に身を纏いストイックに演奏し続けるメンバーと、奇妙な歌舞伎メイクを施した謎の女性が共演を繰り広げるという、なんともシュールな世界観が描かれた本MV。川谷絵音の「どんな状況においても、自分以外自分ではない」という曲に込めた意志を映像化した作品ですね!

ゲスの極み乙女。私以外私じゃないの PV