Menu

やなわらばー – ママはフォークシンガーだった

やなわらばー 新曲 :ママはフォークシンガーだった
作詞:きたやまおさむ
作曲:長谷川きよし
歌詞:
ママはフォークシンガーだった 20年前は歌ってた
歌わずにいられない ただそれだけだった
でもいつの間にかやめていたと言う
彼女の熱い歌が町中に響く時 若者達は胸ときめかせた
ねえママもう一度ギターをとって ねえママ もう一度歌っておくれ
僕は今でも覚えているよ ママと歌ったあの子守唄なら

パパはギターリストだった 20年前は弾いていた
ママと一緒だった あのコンサートでは 日暮れに始めた陽気な歌が
夜明けには静かな「さようなら」のメロディーに
口ずさむ様にみんなは眠った
ねえパパもう一度ギターをとって ねえパパもう一度歌っておくれ
僕は今でも覚えているよ ママと歌ったあの子守唄なら

二人はフォークシンガーだった 20年前は歌ってた
今はフォークソングも もう聞こえてはこない
時代が違うし退屈でもあるし ロックンロールが好きなんだけど
たまには聞きたい胸に しみる歌
ねえパパもう一度ギターをとって ねえママもう一度歌っておくれ
僕は今でも覚えているよ ママと歌ったあの子守唄なら
ねえパパもう一度ギターをとって ねえママもう一度歌っておくれ

僕は今でも覚えているよ ママと歌ったあの子守唄なら