Menu

ぼくのりりっくのぼうよみ パッチワーク

涙おちる前にその指で時を凍らせて
今ならずっともっと分かり合えるかも
せめて変わる前にその指でそっと刻みつけて
どうしたって消えるなら忘れさせないで

明日に飲み込まれそうだ
あの日の永遠もとっくに消えて
網膜に焼きつけた記憶もfade out
忘れたくないものまで奪ってく時間
明日へ踏み出すことより大事なものも全部
無くしたからもう一度歩かなきゃな
いつだってするのは穿った見方
そんな小さな自分にただ苛立つ
朝が来ればまた現れて笑う
what a fool きっと全部下らないよ
パッチワークの結晶 そんなふうに出来た世界にいるの
全部のパーツがすり替えられてもぼくらは
それでもぼくらだと言えるのかな

涙おちる前にその指で時を凍らせて
今ならずっともっと分かり合えるかも
せめて変わる前にその指でそっと刻みつけて
どうしたって消えるなら忘れさせないで

涙おちる前にその指で時を凍らせて
変わっていく世界に足が竦んでる

感じた言葉が消えた 真っ暗になった
囁く悪魔 瞬く間 暖かくなる
濁った心がそっと顔を出す
全てが曖昧になって薄まったmy mind
意識の狭間で溶けて混ざる代替
溢れかえる光 “obey otherwise…”
atmosphereに飲まれてcivilize
繊細なのが何かの免罪符
になる世界で今日もwake up
誰かに許されたら正解?
他人の眼フィルタ越しに見る自分は
常に怯えてでも退屈で
高邁な自尊心にただ疲れる
下らないと思いながらどこかで
また言い訳を用意して笑う

涙おちる前にその指で時を凍らせて
今ならずっともっと分かり合えるかも
せめて変わる前にその指でそっと刻みつけて
どうしたって消えるなら忘れさせないで

明日からも同じ日々で
代わりのいる役割を
演じて終わる一日に
悲しみも忘れていくよ
めまぐるしく動くworld
いつも通りの自分は
もういらない 歩き出すよ
Rest in peace.