Menu

はじまりの時 WaT

始まりを
思い出せば胸に込み上げる
歩いてきた
ふたりの道は今でも輝いてる

10年前春の空
卒業間もない僕が
君と綴る恋で満たした
淡い青春の日々

いつしかふたりの距離も
(幸せの先で)
やすらぎに身を任せて
(いつでも会えるから)
忙しさに流されるまま
少しずつ離れてく

君を思うほど何故か
空回りしてしまうばかりで
このままじゃいけないと
分かっていた

「さよなら」を
これからの君に伝えなきゃ
振り返れば
遠ざかるほどに切なくなる
いつまでも
心に光を灯してくれるような
眩しくてあたたかな
時をありがとう

「久しぶり」なんて君に
言わせたのは僕のせい
曖昧なままの関係から
気付けば目を逸らしてた

ふたりを繋いでたもの
(真夜中の電話)
会えないことにも慣れて
(いつもゴメンなんて)
言い訳する僕に呆れて
寂しげに笑ってたね

君の描く未来は
僕とは違うからいつか
こんな日が訪れると
思っていた

「さよなら」と
言葉にすれば悲しいけれど
新しい
世界へと背中を押してくれる
いつまでも
君の行く先に光溢れるように
離れても変わることない
思い抱きしめて

歩き出すそれぞれの道
いつかまた
出会える日が(訪れるなら)
笑顔で会いたいから

始まりを
思い出せば胸に込み上げる
何もかも
昨日の事のように刻まれてる

「さよなら」を
これからの君に伝えなきゃ
振り返れば
遠ざかるほどに切なくなる
いつまでも
心に光を灯してくれるような
眩しくてあたたかな
時をありがとう