Menu

とある木洩れ陽より LAMP IN TERREN

並木道に映る足音 とてもよく晴れていた日に
いつも通りはしゃぐ声の中 風に揺らされていた

変わらずここで景色を担って 誰かの記憶になる
ブランコ揺らす
あの足がどこまでも伸びていてほしい

明くる日も陽だまりを笑って
雨に降られて洗われる
そんな日々を織りなす君が
どんな日も笑っていられたなら

寂しい背中 悲しい足取り
どんな日だったかは知らない
それだって ほら 物語に欠かせない 大事な彩り

どれもが君の心次第で変わっていく
景色や言葉、温もり、色
君だけのもの

並木道 遠退く足音 夕陽が大きく手を振る
眠りたくなくても夜に溶けていく
また明日になる

眩しい陽射しに項垂れる時は
優しい木陰でありたい
そんな僕も織りなす景色で記憶を重ねる君が

明くる日も陽だまりを笑って
雨に躓くこともあるだろう
君が織りなす日々が
どんな日も素晴らしくあるように

並木道に映る足音 いつの日も嫌わないでいて
できるだけ僕は綺麗な葉を咲かせて
その物語へ 変わらず眺めるだろう

繰り返す日々の魔法を