Menu

てっぺん底辺 焚吐

てっぺん底辺

歌手:焚吐
作詞:焚吐
作曲:焚吐

さあ?何度目の試練だ? 仕組まれたような凹凸を掻い潜っていこう
まあ随分慣れっこかな? 仕組まれたようにここまで上手くやってきたよ

言葉とは裏腹な 超人級のがんばりが今日流行っているそうで
それならば手を叩かなくても 立ち上がれるや

てっぺん立って息を切らしたって 終わらない
透明な螺旋階段を登って 酔って急上昇
安堵したって空を仰いだって 分からない
ハリボテのいわし雲ぶら下がった 掌の上
死にかけの心がニコニコと ほくそ笑んでいるや
騙されて行こう そうてっぺんまで

さあ?何枚目の仮面だ? 塗り替えすぎて元の顔が分からないが
まあそのうち慣れんのかな? 慣れて欲しくないなこんな無様な姿には

世の需要に忠実な つまらない人生が自分に訪れそうで
募らせた高慢が歩みを 余計速めていく

先陣切って象牙を吹いたって 意味はない
雑味をこれでもかと貪った 迷走状態
安堵したって空を仰いだって 分からない
ツギハギの化け物が出来上がった 作業台の上
愛着が湧いてきてゴミすらも 手放せなくなるや
割り切って行こう そう底辺まで

てっぺん立って息を切らしたって 終わらない
透明な螺旋階段を登って 酔って急上昇
安堵したって空を仰いだって 分からない
ハリボテのいわし雲ぶら下がった 掌の上
死にかけの心がニコニコと ほくそ笑んでいるや
騙されて行こう そうてっぺんまで
ああでもないやこうでもないのわがままを どこまで許せばいい?
返信ちょうだいよ てっぺん着く前に