Menu

すべては風の中に 戸渡陽太

すべては風の中に

歌手:戸渡陽太
作詞:戸渡陽太
作曲:戸渡陽太

全て笑い飛ばせたら
きっと鉛のような心も軽やかに宙を舞うはずなのに
全て笑い飛ばせない
だってこの現状はいつかのまだ見ぬ僕を作ってゆくから

そんなに世の中は上手くいく物ではないと
改めて思い知らされた午後の夕暮れ
あたりの町並みはオレンジ色に変わってゆくけど
僕だけはブルーなんです

なんだか胸の中が切なくなってゆく
僕のこの思いとは裏側に逃げてゆくんだ
すべての答えは風の中にある

全て笑い飛ばせたら
きっと鉛のような心も軽やかに宙を舞うはずなのに
全て笑い飛ばせない
だってこの現状はいつかのまだ見ぬ僕を作ってゆくから

片付けても片付かない仕事のような現実に
途方に暮れてしまった午後の夕暮れ
見失って、うつむいて、ため息を零した
薄汚れた靴に

なんだか胸の中が切なくなってゆく
僕のこの思いとは裏側に逃げてゆくんだ
すべての答えは風の中にある

この憂鬱を飲み込んでしまえば
曇りきった未来は変わる

すべての答えは風の中にある

全て許してゆけたら
不甲斐ない事ばかりの自分をほんのちょっとは愛せるはずなのに
全て許してゆけない
だってこの現状はいつかのまだ見ぬ僕を作るから

全て愛してゆけたら
例えどんな過ちの過去も無償の愛で許せるはずなのに
全て愛してゆこうよ
今のこの現状よいつかのまだ見ぬ僕を作ってゆけ