Menu

こそあど言ノ葉 鹿乃

こそあど言ノ葉

歌手:鹿乃
作詞:ゆうゆ
作曲:ゆうゆ

あっちむいてホイ いつも負けてばっかり
指さされたほう フラフラ追っかけ
どうせ誰も気にしてなんかいない
みんなは上手くやれるの

何でかな 知りたいよ
別にこのままだって困りやしないけど
ただ(ああ) 私にしか見えない
大きな不安とかイラ立ちとか
胸押さえつけて苦しくて

ああ、
これは人に見せちゃいけないモノで
それを笑顔の裏 片付けちゃってたんだ
あれを今更焦って拾ってみても
どれも傷みボロボロになって解(ほつ)れていた

誰か気付いてよと 泣き出しそうな言ノ葉を
大丈夫だよって笑った 裏切者だーれだ?

いっそのこと 捨ててみようかな一度
“ちり”積もれば 山そろそろ大きい
どうせ誰も気にしてないなら ねえ
ズルでもしちゃえ なんてね

「同じだよ、あの子だって頑張ってる」
別にそんなこと言ってほしいわけじゃないよ
ただ(ああ) 私にしか出来ない
小さな一つのものでいいから
誇れる何かがあればいいな…ってね

これは人がどうとか どうでもよくて
それが何かはもう本当は知ってるんだ
あの場所へ向かうなら 跳んじゃえばいいのに
どこか 誰かの一言刺さって動けないよ

お願い笑わないでと 溢れ始めた言ノ葉が
優しく胸を叩いた また別の誰かの

僕らは心で出会うだろう
安全地帯を抜けて 秘密基地で語れるキミと

これからの永い旅 億劫になるけど
その一言だけで変われる気がするんだ
あれから長かったねって話せるように
どこかじゃなく今ここにたって私はいる
誰か気付いてよと 泣き出しそうな言ノ葉を
抱きしめてハッと気付いた 正直者だーれだ?