Menu

おやじ。 ハジ→ / Oyaji。Haji→ Lyrics

ハジ→ 新曲「おやじ。」歌詞
発売日:2016年10月5日
歌手:ハジ→
作詞:ハジ→
作曲:ハジ→
歌詞:
今 俺は あなたのような
大きな男になりたいと
心から そう思う
おとうさん ありがとう
俺も もう 大人になったし
そろそろさ、 おやじ って呼んでいいかな?

まずは母ちゃんと出逢ってくれてありがとう
そんでもって うっかり恋に落ちてくれて
本当にありがとう
話じゃ親父の方から
一目惚れして 始まった恋愛
なかなかの高値の花
いい女だった 母ちゃん
口説き落とした あなたに 花束
贈りたいくらいに感謝してます
まじで頭上がらない
もし親父がフラれてたら
俺 生まれてくることすらできてない
前からの約束通り
なぁ 親父に書いたぜ やっと
この歌 俺の素直な気持ち
どうか受け取ってくれや

今 俺は あなたのような
大きな男になりたいと
心から そう思う
おとうさん ありがとう
俺も もう 大人になったし
そろそろさ、 おやじ って呼んでいいかな?

口数は多いほうじゃなくて
どちらかと言えば不器用で
根っからの仕事人間
でも そこがかっこいいぜ
仕事の愚痴を口にしてるとこ
俺は見たことないし
日曜 休日も 家族にプレゼント
俺が幼い頃は
おっきな滑り台がある公園に
毎週のように連れて行ってくれた
無邪気に遊ぶ姿見て
嬉しそうにしてた
紙飛行機 飛ばしてさ
日が暮れるまで 付き合ってくれて
次の日は朝から仕事に出かけた
そんな おとうさんが
子供ながらに好きでした
俺もそんな父親になれるかな

今 俺はあなたにとっての
自慢の息子でありたいと
心から そう願う
おとうさん ありがとう
俺も もう大人になったけど
あなたにとっては
俺はいつまでも子供だよな

自分より 家族のために
いつも俺らを守ってくれてた
俺も あなたのようになれるかな
俺も あなたのようにありたい

定年後はどうすんだい?
もしもノープランなら俺と
同じ夢見て生きていかないかい?
親父の役目も用意してるから
どんだけ 長生きしたって
まだまだ 生き足りねえなって
思えるようなそんな未来を共に創ろう

今 俺は あなたのような
大きな男になりたいと
心から そう思う
おとうさん ありがとう
俺も もう 大人になったし
そろそろさ、 おやじ って呼んでいいかな?

Oyaji

Oyaji


ROMAJI
Ima ore wa anata no yō na
ōkina otoko ni nari tai to
kokorokara sō omou
otōsan arigatō
ore mo mō otona ni natta shi
sorosoro sa, oyaji tte yon de ii ka na?

mazuwa kāchan to deatte kure te arigatō
son de motte ukkari koi ni ochi te kure te
hontōni arigatō
hanashi ja oyaji no hō kara
hitome horeshi te hajimatta renai
nakanaka no takane no hana
ii onna datta kāchan
kudokiotoshi ta anata ni hanataba
okuri tai kurai ni kansha shi te masu
maji de atama agara nai
moshi oyaji ga fura rete tara
ore umare te kuru koto sura dekite nai
mae kara no yakusoku dōri
nā oyaji ni kai ta ze yatto
kono uta ore no sunao na kimochi
dōka uketotte kure ya

ima ore wa anata no yō na
ōkina otoko ni nari tai to
kokorokara sō omou
otōsan arigatō
ore mo mō otona ni natta shi
sorosoro sa, oyaji tte yon de ii ka na?

kuchikazu wa ōi hō ja naku te
dochira ka to ie ba bukiyō de
nekkara no shigoto ningen
demo soko ga kakkoii ze
shigoto no guchi o kuchi ni shiteru toko
ore wa mi ta koto naishi
nichiyō kyūjitsu mo kazoku ni purezento
ore ga osanai koro wa
okkina suberidai ga aru kōen ni
maishū no yō ni tsure te itte kure ta
mujaki ni asobu sugata mi te
ureshi sō ni shite ta
kami hikōki tobashi te sa
hi ga kureru made tsukiatte kure te
tsugi no hi wa asa kara shigoto ni dekake ta
sonna otōsan ga
kodomo nagara ni suki deshi ta
ore mo sonna chichioya ni nareru ka na

ima ore wa anata nitotte no
jiman no musuko de ari tai to
kokorokara sō negau
otōsan arigatō
ore mo mō otona ni natta kedo
anata nitotte wa
ore wa itsu made mo kodomo da yo na

jibun yori kazoku no tame ni
itsumo ore ra o mamotte kurete ta
ore mo anata no yō ni nareru ka na
ore mo anata no yō ni ari tai

teinen go wa dō sun da i?
moshimo nō puran nara ore to
onaji yumemi te iki te ika nai kai?
oyaji no yakume mo yōi shiteru kara
don dake nagaiki shi ta tte
madamada ikitari nē natte
omoeru yō na sonna mirai o tomoni tsukuro u

ima ore wa anata no yō na
ōkina otoko ni nari tai to
kokorokara sō omou
otōsan arigatō
ore mo mō otona ni natta shi
sorosoro sa, oyaji tte yon de ii ka na?