Menu

雨降る夜にさよならを Ghost like girlfriend 歌詞

雨降る夜にさよならを Ghost like girlfriend 歌詞

雨降る夜にさよならを

歌手:Ghost like girlfriend
作詞:岡林健勝
作曲:岡林健勝

「雨降る夜にさよならを」

誰にも気付かれないように
家を出た真夜中に
寝静まった街を観た時
大人になれた気がした

星の代わりに降った雨が
金木犀散らして
オレンジに染まる公園で
「久しぶり」と笑った

この夜が明けてしまえば君はもう
遠くの街へと離れてゆく
この街で居場所を探してた君の
居場所に結局なれなかった

何一つと君の願いを
叶えられなかったのに
「有難うね」と何度も君は僕に言う

同じ傘の下
ビニール傘の雨粒が星みたいと君は笑う
終わりが見えてる幸せは苦しい
空が少しずつ白くなってく

電車の窓越しに笑う君の頬に涙が伝う
「またね」と君は手を振り続ける

君を邪魔してしまうから
この想いは告げなかった
僕は手を振る
さようなら、僕の大切な人