Menu

雨中遊泳 Plastic Tree 歌詞

雨中遊泳 Plastic Tree 歌詞

雨中遊泳

歌手:Plastic Tree
作詞:有村竜太朗
作曲:長谷川正

雨はただ 堕ちることに一途 それに多分 人は似ているんだろう
目も口も指も胸もその他も くっつけて一つごっこ

メトロノームみたく 揺れる夢と現
どちらを覗いても まだ きっと同じこと

偶然出逢えただけ だから今日で 突然終わって
そんな風に僕ら あとはいくつ 意味を失う
出口見えなくなる きらきらで 雨ざらし

雨ひとつ 堕ちてく速度ほど まっすぐに 届く僕があれば
水たまり映る君の顔も 笑み浮かべ いろんなとこ

狭い世界だったなぁ だから会えたのかなぁ
案外簡単だったなぁ なんて嘯けば

目眩の渦の中 連れてかれて 傘もなくなった
知らないふりしながら 濡れてるのに 理由は要らないや
咲いて散ればいいって つらつらと 降るばかり

過ぎ去りし日々など徒然は 戯言同然 くずかごへ
聡明なあなたなら捨ててね 次の台本用意して

偶然出逢えただけ だから今日で 突然終わって
そんな風に僕ら あとはいくつ 意味を失う
必然のさよならで 昨日はもう 不自然になって
こんな風に全部 流れるけど 忘れたくないなぁ
出口見えなくなる きらきらに 惑う

ふいに明日(みらい)になり 見上げたら 雨はいない