Menu

阪急電車と2DK コレサワ 歌詞

阪急電車と2DK コレサワ 歌詞

阪急電車と2DK

歌手:コレサワ
作詞:コレサワ
作曲:コレサワ

古すぎないアパート 2階の奥の扉
あたしの部屋は狭い 君はまだ実家

便座の蓋は閉めて この洗顔は使わないで
あの子にはもう会わないで 今はそばにいて

ちゃんとしてなくてもいいから一緒に住んでほしいな
あたしがちゃんとするからさ
ちゃんとしてなくてもいいから一緒に住んでほしいな
あたしがちゃんとするからさ

阪急電車2DK
あたしの住んでた街を見せたくなった それが合図だった
阪急電車2DK
二人だとちょうどいいね 探してるだけ見てるだけ思ってるだけ

探偵手帳が欲しくて 悩み事を探したけど
依頼できないような ことばかりだったんだ
サボった時にだけ観れる いいともが好きだった
子供の頃の話 君のも見せてよ

太陽の塔の裏側を君は見たいと言ってたやん あたしが案内するからさ

阪急電車2DK
あたしの住んでた街は 変わりようがないくらい何もないけど
阪急電車2DK
素敵な電車があるの 全部知らないのに一番だってわかる

お昼はもう 過ぎているけど
まだベットで 抱き合っていよう
だらしのないあたしを許して

阪急電車2DK
あたしの住んでた街を見せたくなった それが君だった
阪急電車2DK
素敵な電車があるの

阪急電車2DK
あたしの住んでた街を見せたくなった それが合図だった
阪急電車2DK
二人だとちょうどいいね
あたしも君も もう少しちゃんとしたら