Menu

遊んで暮らして 柴田聡子 歌詞

遊んで暮らして 柴田聡子 歌詞

遊んで暮らして

歌手:柴田聡子
作詞:柴田聡子
作曲:柴田聡子

5年もすれば髪も伸びるよ
顔つきだって変わってしまうよ
女らしくなったって言われてみても
男やってたつもりないけど

恋にうつつを抜かし尽くして
抜かすついでにちょっと転んで
季節は来るより行くばっかりで
犬も食わない幸せな朝

遊んで暮らして思いつくのは
らららとるるるとらららだけ

デッドベア似のたぬきが逃げる
はじめて好きなところに住んだ
るきさん読んだってあきらめつかない
横たわる日々のひざ裏の汗

遊んで暮らして思いつくのは
らららとるるるとらららだけ

あの人はここで生まれて育って
家族はみんなやさしい人で
稲穂を黒く塗りつぶしてく
心臓のはやさに電車が追いつく

よみがえってもいつまでも居ても
どっちもなんだか居心地悪いな
あの人いつか死ぬとしたら
あの人の歌
歌うたう真夜中

遊んで暮らして思いつくのは
らららとるるるとらららだけ
遊んで暮らして思いつくのは
らららとるるるとらららだけ