Menu

透明な未来へ love solfege(feat.Rita) 歌詞

透明な未来へ love solfege(feat.Rita) 歌詞

透明な未来へ

歌手:love solfege(feat.Rita)
作詞:日山尚
作曲:松本慎一郎

続いた雨の後は空の色が眩しくて
幼い頃に見た無邪気な夢の
乾いた輪郭を重ねている

無数の胸の痛み
涙になった この想い
数えてしまう日も
朝を待てない長い夜も
君が側にいた

綺麗なものだけじゃ描けない
濁った世界の中

いつか君と探してた現実が
どんな道に塞がれた場所でも
乗り越えた私は迷わず
透明な未来の先へ羽ばたくよ

無限の迷路の奥
重いドアに触れたとき
虹色の光が心に希望をくれた
どこまでも行けるように

治らない傷もあるけど
よろめく足元が
涙で泥濘(ぬかる)んだ土だとしても
きっと花は咲くって知ってる

両手の中 そっと守りたい
崩れた宝石でも

眠るように瞼を閉ざしたら
広がった闇夜の最果て
願うたび光るもの
星よりも明るい、あの夢…

そして君と辿り着く現実で
どんな明日も輝くと信じた
「ありがとう」
全ての出逢いも
透明な未来も過去も
愛してる