Menu

設定温度 乃木坂46 歌詞

設定温度 乃木坂46 歌詞

設定温度

歌手:乃木坂46
作詞:秋元康
作曲:石井亮輔

犬が誰かの影に怯えて
唸(うな)り声上げるような
窓の外にある室外機が
蒸し暑さの加害者

君ってどうして
汗をかかないんだろう?
平気な顔して
部屋の隅で
夏を無視してる

音を消した古いテレビジョンは
何も伝えることがない

僕だけどうして
こんな苛立つのか
今も君のことを
愛してても…

このエアコンの設定温度
君と僕はきっとすれ違っているんだ
少し下げれば 涼しくなると
わかってはいても
君が寒がってしまう

そんな気遣いは
無駄なことらしい
僕のTシャツは
汗でびしょ濡れだ
夏のせいじゃない

一瞬だけの安い打ち上げ花火
ただの悪ふざけのようだ

君ってどうして
早く眠れるのか
いつも僕がずっと
寝顔を見てる

この恋愛の設定温度
君と僕はもっと言い合った方がいい
人を愛せば やさしくなって
限界以上に
我慢してしまうだろう

そんな暑がりと
そんな寒がりが
一緒に住むから
愛と呼べるんだ

そんな気遣いは
無駄なことらしい
僕のTシャツは
汗でびしょ濡れだ
秋はまだ遠い