Menu

蜂と見世物 さユり 歌詞

蜂と見世物 さユり 歌詞

蜂と見世物

歌手:さユり
作詞:さユり
作曲:さユり

君だって犯されている 蔓延んでるその思想に
誰だって自分が一番だって思ってるらしい

奪って縛って遊んでる 首を締めては笑ってる
頬から伝って流るる塩分を無視して

それが間違いだって言わなきゃいけないでしょう?
光を導いて行くのは 僕らの役目だ

どれだけ時間があれば幸せになれるの
どれだけ傷つけ合えば満たされるのだろう

切り取っては貼り付けてる 嘘を嘘で繕ってる
そうやって大事なものは見えなくなった

君だって傍観している SOS 叫ぶ誰かの声
もうじき世界は終わるよ

それは間違いだって言わなきゃいけないでしょう?
目を逸らさないでそれは
正義じゃない

どれだけ時間があれば幸せになれるの
どれだえ傷つけ合えばいいのだろう
どれだけの人の上に僕はいるんだろう
どれだけこの手で人を守れるのだろう