Menu

蛍 熊木杏里 歌詞

蛍 熊木杏里 歌詞

歌手:熊木杏里
作詞:熊木杏里
作曲:熊木杏里

あなたと歩いた あの夏はもう
ちぎれた雲に 溶けた

胸を刺す ひだまり あの場所には
青春だけが浮かぶ

懐かしさの中で悲しみが 蛍のように静かに舞う

好きだったこと 人知れず泣いたこと
追いかけたこと 何もできなかったこと
夢に見てたこと ひとりぼっちだったこと
留まれないこと それだけを知ったこと

守れなかった約束のように
残り続ける 景色
手を伸ばしたら届くのだろうか
この両手には遠い

想い出の影は蜃気楼 蛍のように優しく揺れ

愛されたこと 伝えられなかったこと
隣にいたこと もう会えなくなったこと
笑い合ったこと 傷つけていたこと
限りあること それを知らなかったこと

蛍よ 淡き日々の命よ
いつまでも この胸に生きて

好きだったこと 人知れず泣いたこと
追いかけたこと 何もできなかったこと
夢に見てたこと ひとりぼっちだったこと
留まれないこと それだけを知ったこと

愛されたこと 伝えられなかったこと
隣にいたこと もう会えなくなったこと
笑い合ったこと 傷つけていたこと
限りあること それを知らなかったこと